不眠症のうつに家族がなったとき

不眠症のうつに家族がなったとき

不眠症のうつに家族がなったときの対応

不眠症のうつに家族がなったときの対応。

 

家族なので接し方が大変かと思います。

 

私がうつ病の不眠症になったとき、
妹が看護師をしていたかばってくれたのが幸いでした。

 

「いまは疲れているだけなので、ゆっくり休んだほうがいい」
といって、心療内科に勤務している妹の友人からいろいろアドバイスをもらいました。

 

この接し方があったので、私は回復に向かいましたが、
もし「うつ病に」に理解がない家族の対応だったとしたら、ぞっとします。

 

<参考>荒木医師のうつ関連サイト

うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ
家族がうつ病・不眠で苦しんでいる方へ

ホーム RSS購読 サイトマップ